2015/11/1 タマダカップ2時間耐久レース(スポーツランドタマダ 広島県)






以前から一緒に出よう出ようとイイながらなかなか実現しなかった!大屋選手とのペアがついに実現!
二人で2時間耐久レースに参加してきました!
マシンは大屋選手のマシンだけど見慣れたカウルで全く不安無し!
練習走行で初めて乗った大屋選手のマシン、タイムは42.4くらいだったと思います。
本番では41秒台に入れるぞ!


予選は大屋選手に任せて総合9位。
目標はシングルでフィニッシュ!


30分交代の一人2回走行で計2時間。
スタートは大屋選手。
トラブルもなくオレに交代。
この時点で13位くらい。


かなり頑張って走ったな〜と思い時計を見ると5分しか経っていない!!!
もうその後は地獄、カートコースの耐久レースしんどい。。。
なんとか走りきり大屋選手2度目の走行。
この時点で11位くらい。

またまた30分後オレの2回目の走行。
この時点でようやく9位くらい。
何とかシングルフィニッシュ行けるのか?!


と思わせといてのオレがズバズバ抜かれて13位でゴール!











 

2015/11/22 小西良輝杯バイパスホンダ親子ポケバイ耐久レース(北九州カートウェイ 福岡県)





世にも珍しい?ポケバイの親子ペア耐久レースに参戦してきました!


ポケバイクラスだけでも15チームぐらいいたでしょうか?
90分間を子供と親が10分交代で走行します。


74Daijiroのポジションではお腹周りが苦しい#38.Keinのために投入された?!TT-R50E
タイヤのみ普通のロードタイヤに交換しました。
そしてもちろん74Daijiroもスタンバイ、2台態勢でまるでワークスチーム?


チームswitch!のエースライダー(奥様)とセカンドライダー(ムスコ)
オレ#38.Keinは補欠兼ピットクルーに降格?!


まずはムスコがTT-R50Eでスタート!
3速固定では全くついていけず。。。


続いてエースライダー登場の前に補欠ライダーのオレがマシンチェック。
ステップ擦りまくりだけど問題ナシ!
2速、3速いろいろ変えてもあまり変化が無いのでオレも3速固定で走行。


次はセカンドライダー(ムスコ)、74Daijiroじゃないと勝負できないとわかり乗り換え。
ムスコはマジで走ってます。


そして真打ち!エースライダー(奥様)登場!
今までバイク乗ったことが無いのにいきなりのサーキットデビュー、そしてレースデビュー!!!
これがチームswitch!
※一緒に走行した皆様ご迷惑をお掛けしましたと本人が申しております。。。

その後もエースライダー(奥様)とセカンドライダー(ムスコ)が交互に乗り換え、なんとか90分を走りきりました!
結果はビリ3!
そんなことはどうでもよくて楽しかったから全てオッケー!!!


レオンくん親子、ひょっとしてヘルメットお揃い?


優勝のチーム谷本、ムスコも速いけどお父さんも速い!



参加された皆様、レース主催者の皆様ありがとうございました!!!









 

2016/2/7 74プレシーズンイベントレース2016(HSR九州ドリームコース 熊本県)



2016シーズン最初のレースに参戦してきました、ムスコが。

九州のレースでも今年よりジュニアクラス(上から2番めのクラス)に参戦させます。


・前日練習
かなり気温が低く、一桁台はもちろんですが5℃くらいしかないかもしれません。
終始曇っていて非常に寒いです。。。

最初はタイム46秒台くらいからスタートしますが、周りのみんなめちゃくちゃ速い。
明らかに差がある。。。
2本目にはリアに新品タイヤを投入、タイムアップもですがそれよりコケないように、安心して攻められるようにと考えてのこと。そうすれば自ずとタイムも上がるでしょう。
しかしながら2コケ、、、乗れていません。
1日中走って少しづつ詰めているものの他ライダーとの差は埋まらず。
この日のベストタイムは44.4。

う〜ん、厳しそう。。。


・レース当日
朝は氷が張るほど寒いですが青空が広がり徐々に気温も上がりそうで前日練習よりもコンディションは良さそうです。

予選レースのグリッドを決めるくじ引きでは、またまたまた1番を引き当てる。
ホントくじ運だけはイイな〜。


走行の合間にはひなたぼっこ、少しでもタイヤ温まれ〜

・練習走行

前日に皮むきした新品タイヤで走るがどうも乗れていない。
前日練習のタイムにも程遠い感じ。
乗りづらいので昨日の中古タイヤに変えてくれと懇願されるが却下。
冷たい路面にビビっているだけじゃないの?


・予選レース
「コケてもいいからガンガンいけ!」
と活を入れるが、予想通り他ライダーとの差は埋められず、徐々に順位を下げ最下位になったところで他車と接触転倒。。。
完全にやる気スイッチオフのリタイヤ。



・決勝レース
最後尾グリッドから淡々と走りきりいいところなく最下位でゴール。



・感想
前日練習は他ライダーより劣りながらも、それなりに走れていたように思いましたがレース当日にその状態まで持ってこれなかったのが非常に残念でした。
レース中のベストラップタイムは前日練習よりも1秒くらい遅いタイムしか出ていません。
希望通り中古タイヤに戻していたらどうなっていただろう???

前日練習は他ライダーみんなタイヤウォーマーを使用しており、我がチームはなし。
でもレース当日は使用不可なので、ウォーマー無しで走りこんだムスコに必ずチャンスが来ると考えていましたが、全く逆の展開になってしまいました。
前日練習でタイヤウォーマーを使用した他ライダーは勢いそのままにレースでも良い走りを見せ、ムスコは冷たい路面への不信感が拭えず終始冴えない走りのまま終わってしまいました。

もちろんタイヤウォーマー以前の前に実力が足りないのはわかっていましたが、色々な足りない要素が浮き彫りになった、ジュニアクラス初戦はかなりしょっぱいレースになりました。
今回のレース、ライダー自身がどう感じているかはわかりませんが、親父としてチームとして次回はいい状態で乗せられるようにしたいと思います。


参加された皆さん、前夜に宴会を開いてくださった皆さん有り難うございました!!!











 

2016/4/3 74Daijiroサウスシリーズ2016 第1戦(北九州カートウェイ 福岡県)



74Daijiroサウスシリーズ2016 第1戦(北九州カートウェイ 福岡県)に参加してきました!
ムスコが。

・前日練習
リヤタイヤが微妙な減り具合だったので朝イチで新品投入。
新車なんであんまりコケてもらいたくないのが本音なんデス。。。



台数も多く良い練習になっているのでしょうが36秒前半がやっと。
午後になり翔の後ろについてようやく35.7
久しぶりの自己ベスト更新。
いいんじゃないのぉ!

夜はみんなで居酒屋へ
これが#38.Kein的にはメインイベントです。

・レース当日
午後から雨予報でしたが、朝はまだ雨も落ちておらず降り出す前に巻きで進行をお願いしたいのですが。。。

タイヤは前日のままでいいというのであえて交換しませんでした。
オレ的にはもう交換したいレベルでしたが、前戦のHSR九州では新品交換後かなりしょぼい走りだったので、今回はライダーの意見を尊重し、後でタイヤがどうとかなんとか言い訳をさせない戦法です。
まだ新品の良さを感じるよりも交換後フィーリングが変わることのほうがイヤみたい。

練習走行
それなりで36秒前半くらい。
やっぱ新品タイヤにしたほうがイイんじゃないか?!


予選レース(12周)
9番グリッドからスタート。
最初こそ前を行くサラちゃんにすがりつくようについていきますが徐々に離されてしまい9位でゴール。

実力からすれば妥当な順位。
でも自己ベスト更新の35.6をマーク。
いい感じじゃね!

9位(10台中)


長い昼休み
雨が降りそうなので巻きでお願いできませんでしょうか?




決勝レース(12周)
スタートちょっと良くて8番で1コーナーへ。
終始、背後につけるサラちゃんに狙われていますがなんとか抑えきったかなと思った最終ラップ
先頭グループの周回遅れにされた時にサラちゃんにも交わされた!
レースでエキスパートに周回遅れにされたのは初めてだししょうがないか。


8位(10台中)

前戦を思えばよく頑張ったじゃないかと思います。
次もこの調子で行ってみよ〜!!!

おしまい










 

2016/5/15 74Daijiroポケバイレース 第2戦(ナチュラサーキット 山口県)



ナチュラサーキット 74Daijiroポケバイレース 第2戦に参戦してきました! ムスコが。

通算15レース目。

前日練習では自己ベストを更新しタイム45.5をマーク。
徐々にですが上達しています、がしかしライバル達の成長率がスゴすぎて付いていけてません(汗)。
今回はどうなることやら。
まずは自分を超える!そうすればライバルに追いつける!そして追い越せる!
と思いたい。

・レース当日
今回のレースはエキスパートからチャレンジクラスまで全11台が混走の1レースとなりました。
クラスこそ違えど実力差はどんどんなくなりつつある九州&中国地区のライダー達、観る方は楽しくなりそうです。
ムスコはジュニアクラス(中級クラス)に参加。




・公式練習(15分間)
調子を上げるのに時間のかかるムスコ。
なんとかギリギリ45秒台に入れました。
調子は悪く無さそう。
他車とあまり絡むこと無く走行していたのに45秒台はイイと思います。
実力は出せている!

・公式予選(10分間)
タイムは45.7
ベストのコンマ2秒落ち。
イイ感じだと思います。
実力は出せている!

予選順位 8位(11台中)

順位は順当だと思いますが
予選3位以降は比較的僅差ですのでスタートによっては順位アップも見込めるか?という淡い期待の#38.Kein。




・決勝レース(10周)
肝心のスタートがイマイチ。。。
順位アップすること無く1コーナーへ。
レースになれば付いていけると予想していた前方のグループから周を重ねる毎に徐々に離されていく。。。
ラップボードを見ると36秒前半しか出ていない、どうした、どうした???
そりゃ離されるのも当然だ。。。
途中から単独走行となりイイところなく7位でフィニッシュ。

順位 7位(11台中)
ベストタイム 46.212





う〜ん。
レース本番に実力を出し切れていない。
せめて45秒台には入れて欲しい。

メンタルの弱さからか、なんなのかはわかりませんが
まだまだ練習不足だな!

おしまい











 

2016/5/29 北九州カートウェイ ライスポカップ 第2戦(北九州カートウェイ 福岡県)



北九州カートウェイ ライスポカップ 第2戦に参戦してきました! ムスコが。

通算16レース目。

・前日練習
北九州カートウェイへ向かう道中。降ったり止んだりの天気ですが、サーキットへ近づくと雨はあがりました。
濡れていた路面が徐々に乾きだし、昼頃から走行開始。

35秒台にはぼちぼち入るもののライバルと比較して見るとイマイチ勢いがない。。。
てことでリア1丁ショートにスプロケ変更、すると35秒台でラップできるようになり自己ベスト付近をウロウロし始めたので もうちょい欲をかいて次は根拠の無いメインジェット交換、ワンランク薄くしてみます、そのおかげかどうかわかりませんが自己ベスト更新の35.4をマーク!
イイ感じじゃね!


最後はみんなでスタート練習も。



お馴染みの?!てるみちゃんもご出勤。
下を向いているのは雨なら参加できる翔の分。上を向いているのはやっぱりドライコンディションがいいなと。
複雑な思いです?!

・レース当日
朝6時にホテルから外を見ると雨は降っていない、路面もドライ。
このままイケるか?!

と思ったらホテルを出発する頃には降り出しサーキットに着く頃には完全にウェット。


ドライでイケるんじゃないかとあえてスリックを装着したままで前日練習を引き上げたのでそそくさとタイヤ交換。。。
昨年2レース使ったレインタイヤを見るとまるで新品みたい!!!
サイド部分はひげが残っています。
新品レインとこの中古レインどちらがイイかと聞くとムスコは中古を選択。
固くもないし問題無いでしょう。


・公式練習&予選のグリッド決め
徐々にペースを上げていき
3番グリッド獲得。
北九州カートウェイのウェット走行経験がないのでタイムは良いのかよくわかりませんがエキスパートライダーとの差を見るとこんなものかな?



・予選レース(12周)
いつもどおりイマイチなスタートです。
すぐにトップ2台には離されていきますが、ムスコは3台のグループで走行。
3台の内のトップに出ると徐々に引き離し単独3位でフィニッシュ。
この調子なら3位表彰台イケるかも?!と期待。



・決勝レース(12周)
普通に走ったらトップ2台との差は大きいので難しいですが
予選レース同様に走れば3位表彰台は十分に狙える!
ムスコと協議した結果、3位狙いで行くことになりました。
予選レース同様、トップ2台にはついていけませんが途中から単独3位に。
それからは後続との距離をサインボードで出しながらコントロール。
コケずに走りきれーと思いゴール!!!




今年初表彰台です。

本当は3位で喜んでたらダメなんでしょうけど
ライバルがどんどん成長していてなかなか苦しい状況でしたので、この表彰台はとても価値あるものだと思います。
これを自信にライバルに追いつけるようにいてもらいたいです。

決勝レースのベストラップを2位の選手と比較すると1秒ちょいの差。
エキスパートとの差も確実に縮まっています。
ウェットだったので結構いい結果でしたがドライレースでもどんどん成長していけるよう練習ですね。

おしまい













 

2016/7/3 74Daijiroポケバイレース 第3戦(ナチュラサーキット 山口県)



74Daijiroポケバイレース 第3戦に参戦してきました! ムスコが。

通算17レース目。

・前日練習
ここのところ調子が悪いのかなんなのかわかりませんが46秒台に入れるのがやっとな感じ。
ベストは45.5なんでもうちょっと頑張ってもらいたいところ。。。

1本目から46.9が出ました。
タイムが出ていなかったのは多分テンションの問題だな。
ライバルがいるとやっぱり出るもんね。

2本目は行洋、翔に絡んでもらって46.6まで出ました。

昼にリアを程度の良い中古タイヤを逆履きに履かせる。
それからは時折パラついてタイムは伸びなかったのですがまあまあな感じ。
他のライバルもあまり伸びていないので暑さのせいもあるのかな?


夕方前には土砂降りになり強制終了。



・レース当日
朝イチは少し濡れていた路面もすぐに乾きドライで公式練習へ。
タイヤは中古でリアは前日に交換した逆履きのまま。
多分新品入れても今はタイム上がらんじゃろ。。。

タイムは46秒後半。
スロースタートなムスコにしては朝イチでコレなら良いのかも?!

・予選
とにかくライバルについてイケ!とアドバイス。
その御蔭で昨日、今日で1番良いタイム。


タイム 46.408
順位  5位(6台中)

メンバーはいつものメンバーなので実力もわかっている。
ライバルよりも劣っているのは百も承知。
#38Kein的には順位よりもタイムを重視しています。



・決勝
いつもどおり?!最下位で1コーナーへ。。。
その後はケイ、サラちゃんとバトルしながら進んでいきます。
抜かされてもなんとか食らいついていき、最近にしてはなかなかいい感じです。
終盤になり、少しパラっと降りだした時に徐々に差が開きだし、予選順位通り5位でフィニッシュ。


順位  5位(6台中)
タイム 45.713

サラちゃんとケイのおかげで久しぶりの45秒台に。
自己ベストには届きませんでしたがよくやったのではないかと思います。

今回はレースへ向けて調子を徐々に上げていき決勝レースで1番良いところを持ってこれたことと スロースタートなムスコにしては朝イチの練習から良い感じで走れたのが良かったと思います。













 

2016/07/25 勝手にGP shenplusカップ2016に参戦してきました! TSタカタ(広島県)



2016/07/25 勝手にGP shenplusカップ2016に参戦してきました! TSタカタ(広島県) オヤジが。



マシンはHRC GROM!初レースです!
まだ2回しか乗ってないけどね。。。
走れなくなったはずのTSタカタでレース開催ということで参戦してきました!

レースというよりカートコースで2度乗ったグロムがミドルコースのTSタカタでどういう感じかチェックしてみたいのとミニモト上位の方がHRCグロムでエントリーされているのでどれくらい違うのか比較してみたいのが本音。
グロムクラスは2台のエントリーでした。


・練習走行1回目
携行缶からガソリンを入れているとドボドボと勢い良く入りすぎてしまい、コック寸前でギリギリストップ!
いきなりのフル満タンです。
NSRminiはミックスタンクで入れるのでこんなことはないのですが、4ストビギナーということでお許しを。
ただでさえ重いオレを積んでいるグロムですが、ウェイトハンデをさらに背負うことになりました。。。
まあよい、全開走行ですぐに減らしてやるっ!

ところでこの時期の4ストは暖機運転要るんですかね?
30度オーバーな真夏だとすぐに熱を持ってしまうので、し過ぎもよくないでしょうしどうなんでしょ?
4ストビギナーなオレはよくわからないのでコースイン直前にエンジンかけてほとんど暖気せずに走っています。

ファイナルはフロント14T、リアはノーマル(何丁か知りません。。。)
コースイン!
ストレートが遅い!(コーナーもですが。。。)
NSRに圧倒的なスピードで抜かれます。
まあ分かってはいましたが。。。

鈴鹿ミニモトでも上位の方がHRC GROMで目の前を走っている!!!
こりゃ同じグロムを見るいい機会だ!
少しでも付いて行くぞと思うのですがあっという間に見えなくなりました。。。
さすがミニモト上位!
速いグロムを勉強できる折角のいい機会なのにこれじゃ何も勉強できません(涙)

そういえば
右コーナーで何かが擦れる音がするぞ?!
過去2度の走行では未経験、怖くなりピットイン。
アンダーカウルやその他をチェックしてみるもなんとも無い。
さらに見てみると、な、な、な、なんとエキパイを擦っている〜。。。
かなり横に張りだしたノーマルのHRCエキパイですがカートコースでは擦らなかったんだけどな〜、スピードアベレージが高いTSタカタでは挙動が大きすぎて当たるのかな?
対策のしようもないので再コースイン。
右側はあまり倒さないようにしよう。
と思ったのですがちょっと倒しただけで簡単に擦ってしまいます。
たぶん帰る頃には穴が開くな。。。


あとスピードを乗せながら開けていくコーナー、1コーナーとすり鉢手前の左コーナーでバイクを寝かせるとリアがガタガタとスゴイ挙動です。
どこかへぶっ飛んで行きそう。。。
まともにアクセルも開けられません。
あれ?何か外れたかなと練習終了後にマシンチェック。
どこのボルトも緩んでなく原因がわからない。

おそらく
リアショックが底づきしている?
減衰が足らずマシンの動きを吸収できずにショックがバタついている?
それともオレが重すぎ?
とにかくリアショックが原因としか考えられません。
がスピードを乗せて開けていくコーナーなのでとてもコワイんです。。。
でもどうしようもないのでそのまま。


タイムは70秒5くらい。
今回のレースは最終コーナー手前のシケインを使用しないレイアウトですので通常のタイムより1秒程度アップしている感じ。
走行前のターゲットタイムは69秒辺りかと想像していましたが、タイムも努力もちょっと足りません。


・練習走行2回目。
フロントのスプロケを15Tに変更。
ロングコースはやっぱりロングに振らないとね!と勝手に思い込み交換。
ですがタイムが全く変わりません。
シフトポイントは変わりましたが15T、14Tどちらでもフィーリングは同じ感じ、トップスピードも同じ感じ。どっちが正解?


↑練習走行リザルト

・予選
スプロケを変えるヒマがないので15Tで行くことに。
何とか目標の9秒台に入りました。


予選結果
タイム 69:505
順位  21位(26台中)

順位は気にしません!
鈴鹿ミニモト上位の方との差は約2秒か。
やはり差は大きい。。。


・決勝
グロムクラスはチャレンジクラスと混走で10台でのレースです。
5番グリッドからスタート。
クラッチレバーが遠すぎてミートさせにくい。。。
なんとか普通にスタートできました。
2コーナー抜けると4位に!
意外とイイ順位じゃないですか?

目の前のみやっち選手を抜けば3位?!
頑張って追うのですが差が詰まりません。
それどころか後ろから突かれまくりで防戦一方。
各コーナーで顔を覗かせてきます。
気づいてません作戦でかぶせて走りますが、何度もは通用しません。
一旦抜かされてしまうとスピード差は明らかで抜き返すことが出来ずどんどん順位を下げてしまいます。。。



結果
6位(10台中)
タイム 68.596

タイム68台に入りました!
これなら旧コースレイアウト(シケインあり)でも70秒切れるかもしれません。

なにより
ミニモト上位の方とベストラップを比較してみると1秒も差が無い!
これだけで大満足です。

もっとマシン熟成&練習すればもっとタイムは上がると思いますのでオレもミニモト上位になれるかも!?
と変な勘違いをした1日でした。



マシン HRC GROMレースベース

変更点
・ブレーキパッド SBS オフロードレーシングシンター 797RSI ブレーキパッド
・シートちょっと薄く削っただけ。
・ブレーキレバー switch!(スイッチ) アルミ削り出しブレーキレバー 9サイズ有り 97番を使用
あとは全てノーマル


主催者の皆さんありがとうございました、参加者の皆さんお疲れ様でした!












 

2016/07/31 親子で北九州カートウェイ(福岡県)ライスポカップ 第3戦に参戦してきました。





オヤジはHRC GROM(グロム)  レースベースでグロムカップにムスコは74Daijiroクラスに参戦してきました!
九州のグロムカップ初戦、グロムでのレースは2回目です。
ムスコは通算18レース目。

・前日練習
■オヤジ
グロムでKKWは2回目の走行となります。
前回走行時のタイムがしょっぱくて公表しませんでしたがベストは33秒フラットでした。。。

とりあえず32秒台に入れてポケバイのレコードを抜きたいです(涙)。

てことでまずは前回同様の走りができるかチェック。
33秒前半はすぐに出ました、常に同じリズムで走るように心がけているのですがタイムに結構バラつきがあります、なんでじゃ?

次にスプロケをフロント13T、リアはノーマル(未だ何丁か知りません。。。)をテスト。
ショートに振った分、コーナー立ち上がりは回るしトルクフルに感じるのですが、4速のまま1,2コーナーを抜け、3コーナーで2コ落とし、こりゃしんどい。
当然タイムもイマイチですぐに却下。

今のところはフロント14Tがベストかな?

練習終盤になんとか32.8をマーク(手計測)。

途中アクシデントがあり初転倒しましたが、マシンのダメージも最低限で問題なし。
これで転倒を気にせず思いっきり攻めることが出来るようになりましたかね?!




新しいブレーキレバーもテストしました。


■ムスコ
オヤジ自分のことでイッパイイッパイでムスコの走行を殆ど見てません。
でもベストタイの35.5秒を出し、その付近での走行を続けているので調子は良さそう。
真夏のこの時期にいい調子なのはピストンリングを交換したからかな?
なので何もセッティング変更しませんでした。



●レース当日
・練習走行兼予選



■オヤジ
新品タイヤ皮むきしてアタック。
32.9でポール獲得(NSFトロフィーと混走のため2番グリッドからのスタート)。
とりあえず32秒台に入ったので一安心、でも他の方とほぼ差は無し、ムムム。

順位  1位(3台中)
タイム 32.983




■ムスコ
順位  3位(3台中)
タイム 35.789

朝イチで35秒台に入っているのでイイでしょう。
順位は定位置なので問題なし。



・予選レース
■オヤジ
2番グリッドから2番で1コーナーへ(1位は混走のNSF100)。
まだ4ストのスタートの感覚が掴めていません。

前を走る混走のNSFトロフィー、グンの走りを見てたら各コーナーでミスしそうに何度もなりましたが あっという間に視界から消えて我を取り戻しました(笑)。

レース途中に後ろを見るのは得意じゃないので後続との差をボードで出してもらい
1度も抜かれることなく1位でゴール。
でも差は僅か。

タイム 32.639

ベスト更新です!
そしてポケバイのレコードを抜きました!(祝)


■ムスコ
3番グリッドから珍しく?!2番で1コーナーへ
ちょこっと細工(セッティング変更)したのが効いたか?
サラちゃんに抜かれても抜き返したり、バトルしながらピッタリとマークしていましたが
途中3コーナーで単独転倒。

駆け寄ると泣きそうな顔でリタイヤ?
お母さんにエンジンかけてもらい「もう1回行って来い」促され再スタート。

3位でゴール

タイム 35.353
コケはしましたが自己ベスト更新しましたし、なかなか熱い走りだったので良いと思います。



●決勝レース

■オヤジ
2番グリッドからスタート、3番グリッドの萩原選手が前に出て2番で1コーナーへ。
ミスった〜。。。

ペース的には十分ついて行けるのですが
抜きどころの少ない北九州カートウェイ。
早めに手を打たないとあっという間にレースが終わってしまいます。
2〜3周様子を見てから(ただ単に抜けなかった?!)、4コーナーでインに!
レース巧者の萩原選手、簡単に譲ってくれません。
アウト側からまくってきて4コーナー立ち上がりで接触。
オレはフラフラとコース外へ。
なんとか転倒は免れ3位ですぐにコース復帰後、吉岡選手を抜いて萩原選手を追いかけますが差が縮まらずそのまま2位でゴール。
くぅ〜

順位  2位(3台中)
タイム 32.357

反省
何よりもスタートが悪い。
抜いた時もインに入った瞬間にどこか安心してしまったのかもしれません。
接触したあとの処理もマズかった。



■ムスコ
3番グリッドからスタート。
途中まではサラちゃんに食い下がるものの徐々に離されていき見せ場なく単独3位でゴール。

順位  3位(3台中)
タイム 35.451

予選レースの転倒が響いたかな?


買ったばかりの扇風機でエンジンを冷やして4スト乗ってますアピール?!
まだエンジンがタレるとかよくわかりません。


コレはテンション上がる!グロムカップの醍醐味?


参加された皆さんお疲れ様でした!










 

2016/8/7 キッズモト甲子園に参戦してきました!ムスコが。 スポーツランド生駒(大阪府)




通算19レース目。
参加クラスは昨年と同様のGP2ジュニアクラス(上から2番めのクラス)。

昨年のベストラップは38.981で順位は真ん中くらいでした。
なのでオヤジ的には37秒台には入れて欲しい、そしてGP2ジュニアクラスのトップを取って欲しい、今年は取れる位置にいると思う。
1年間でそれなりの経験とスキルアップもしたはずなので、成長を見たいと勝手な希望を胸に生駒に到着。

●前日練習
今年初のスポーツランド生駒。
昨年は何度か関西に来ましたが今年はなかなか機会に恵まれず、生駒を走るのは昨年のキッズモト甲子園以来1年ぶり。

ポケバイは3クラス、ミニバイク1クラスの計4クラスの走行となり、1クラス15分間の走行。
朝イチから走行開始。
39秒台にはすぐに入ったのですが思ったよりタイムが伸びません。
同じようなタイムの選手について走ったりしてようやく38秒に入りだし昨年のタイムを更新できました。

昼頃にはマシンのアイドリングが安定せずキャブの調子が悪いかなと思いスペアに交換したりしてみました。
それでも思うようにタイムが伸びずこの日のベストは38.2

正直もっとイケルと思うんだけどな〜と言うのが正直な感想。
なんでじゃ???

夕方、走行を終えてタイヤ交換と軽く整備してみると重大なミスが発覚!!!
今までにしたことがないミスです。
※もちろんオヤジのミスです。
正直バイクが壊れなくてよかった。よく1日持ってくれたな。
という感じ。

どんなミスかは恥ずかしすぎて書けません。。。

ムスコは気づいていなかったので内緒にしておいて前日練習終了。。。
バイク大丈夫かな〜(汗)。


夜は車中泊の予定でしたが、食事のため阪奈道路を下って街を目指していると
荷室に積んだ発電機が転倒したらしくガソリンがダダ漏れ。。。車内がガソリンの匂いで充満。
頭が痛くなり、こんな車内ではムリと車中泊を断念しビジネスホテルを探すも当日では見つからず家族4人でラブホテルにチェックイン(笑)。


●レース当日
・遠征者枠練習(8分間)
新品タイヤの皮むきと、とりあえず38秒台に入れろと。
問題なく終了、昨日の整備ミスも影響なく普通にバイク走っています、ホッ。

・公式練習(8分間)
ライバルの子に絡んで様子見ておけと伝える。
すると1周もしないうちに最終手前のコーナーで転倒!
様子見に行くとスクリーン割れとハンドルが曲がっているくらいで大丈夫かなと思ったけれど、フロントブレーキ引きずっててそのままでは走れそうにない。
ピットに戻りチェックしてみるとフロントキャリパー位置がズレただけかと思い調整しても、ホイール回すと引っかかる部分がある。
ディスクローター曲がってる〜。
さすがに8分間ではディスクローター交換して再復帰はムリ。
公式練習の走行は諦めました。



フロントホイールを外そうとアクスルシャフトを抜こうとすると抜けない、嫌な予感。。。
スペアのディスクローターとアクスルシャフトに交換してフロントはとりあえずオーケー!
リアタイヤを回してみるとスゴくホイールがふれている、てことはホイールも曲がってる〜!
ホイールもスペアに交換して
ハンドル位置も直してオーケー!なはず。。。
なんとか予選までに間に合いました。
こんなに壊れるなんてどんなコケ方したんじゃ?!

・予選8分間
まずはマシンがきちんと走れるかチェックと、もし少しくらいおかしくてもタイムが計測されるよう1周は走って来いと伝える。
コースサイドから見た感じでは普通に走っていてひと安心。
ゼッケン3番の子とトップタイムを更新し合いながらペースを上げていきます。
ゼッケン3番がついに37秒台に入れ、ムスコは更新できず終了。

予選結果 2位(5台中)
タイム  38.332

タイム差は開いてしまいましたが、レースになれば同じペースでは走れると思うのであとは競り勝って欲しい。




・レース1
いつもどおりの出遅れスタートで3位で1コーナーへ
すぐに2位に浮上し、ゼッケン3番を追います。
要所要所では背後までは付けるのですがインを差す決め手がなく順位を入れ替えること無く0.099秒差の2位でゴール。

順位  2位(5台中)
タイム 37.698


タイムはいい感じ、これくらいは出るだろうと予想していたのでとりあえず良かった。
でもレース結果はう〜ん、、、練習で転倒してなければどうなっていただろう。
と考えても仕方ないので、レースを分析してみるとブレーキでは詰めるもののコーナー立ち上がりで離されているのでスプロケをリア1Tショートに振ってみる。
これでどうかな?


・レース2
スタートは普通、2番で1コーナーへ。
1周目からゼッケン3にぴったり付ける。
レース1と同様に2台のマッチレース。
何度か抜くもののすぐに抜き返される苦しい展開。
中盤以降は決め手がなく順位を入れ替えることができず0.150秒差の2位でゴール。

順位  2位(5台中)
タイム 37.984


レース1よりはバトルも仕掛けることができ内容は良かったものの一歩及びませんでした。
ゼッケン3の子とはラップタイムで見るとほぼ差がなかったのですが内容からすると相手は完ぺきな内容でした。
単独でもタイムを出すことが出来、バトルにも強く、完敗です。

完敗でしたがムスコとオヤジ、母親も皆満足行く内容でした。




・地区対抗レース
最後はエキスパートクラスとジュニアクラスの参加する地区対抗レースです。
いつもくじ運だけは良いムスコですが今回は14台中10番グリッドからのスタートとなりました。
エキスパートクラスと差は歴然で10位でフィニッシュ。


久しぶりに走る関西の仲間と地元からの遠征組。
今年のキッズモト甲子園も楽しめました!

主催者の皆さん、参加された皆さんお疲れ様でした!








 

2016/10/14〜16 2016 MotoGP 日本グランプリ観戦に行ってきました!(ツインリンクもてぎ)




今年は3日間全て快晴でした。

金曜日はピットウォークにも行きました。
今回はホンダ狙い。
レプソル・ホンダの二人共に出てきてくれました。
ムスコはヘルメットにマルケスのサインゲット!

人が少ない金曜日のうちにブース他は見ておきます。
ヤマハロッシ車両




もてぎ限定のミニカー(ミニバイク?)¥5000もするんで1つしか買えませんでした。

土曜日はパドックにも行きました。

小野選手

こういうの普段見れません。



土曜日の昼ごはんは最速ビール&焼きそば。
快晴だったのでビール、ウマー!

子どもたちはキッズレーサーでバトル!

今年もFMXやってくれました。
日曜日決勝はV4ドゥカティ応援席から観戦。 ドゥカティ応援席から正面。
ほぼ正面に大型ビジョンがありレースの流れや各コーナーの走りもチェックできます。

ドゥカティ応援席から左斜め。
表彰台も見えます。

ドゥカティ応援席から右斜め。
フロントローは目の前。

ドゥカティ応援席から1コーナー方面。

チュート福田さんがテレビの撮影?


今年は3日間共に快晴で過ごしやすく観戦できました。
やっぱりmotoGPは今年も最高でした!











2016/10/23 74Daijiroサウスシリーズ2016 第6戦(HSR九州ドリームコース 熊本県)ムスコ編




通算20レース目。

●前日練習
サーキットへ向かう途中から降り出した雨が止まない。。。
レース当日も雨予報なので、サーキット到着後すぐにレインタイヤの準備。
台数もそれなりにいるので雨の走行も嫌がる素振りはないムスコ。

走行開始。
久しぶりの雨にビビっているのかなかなかペースが上がらない。
ようやくまあまあな感じになった頃にはライバルたちを見ると激速!!!

いつもどおり厳しいレースになりそうです(涙)

結局、この日のベストは44秒後半だったかな。


●レース当日
ホテルを出ると雨が止んでいたので、サーキット到着後すぐにドライタイヤをスペアホイールに組み込む。
路面は濡れたままですがこのまま降らなければ決勝までにはドライになりそう?!
と思ったらやっぱり降り出した。。。

受付で予選レースのグリッドを決めるくじは9台中8番!
最近くじ運ないね〜。

●公式練習
45秒台には入っていたのでムスコ的にはまあまあ。
でもライバルには遠く離されていますが。。。

●予選レース
8番グリッドからスタート!
いつものぬるいスタートで最下位で1コーナーへ。
その後も前の選手の後ろには付けますが仕掛けることが出来ない。
そうしているうちに何周目かの裏ストレートで単独転倒。
のんびりピットに帰ってくるので、バイク見たらなんとも無い、走れるなら走れ!
もう一回行って来い!
チェッカー降られるまでがレースだ!
最後まで諦めるな!

再コースインももちろん最下位でゴール。




転倒もあり、ライバルとの差も大きくテンション低めなムスコに
「転倒しても走れるなら最後まで走れ!」
「最後まで諦めるな!」
「スタートを決めろ!」
とだけ伝えてレースに送り出す。

伝わったのかどうかわかりませんがスタートは今までにないくらい良かった。
と言っても9台中8位で1コーナーへ。

上位の選手との差は大きくついていけずどんどん差が広がる、これは予想通り。
でも同じくらいのタイムの8位争いはきっちり取って欲しい。
徐々に差を広げ8位でゴール。

今回はいろいろと考えさせられる事があるレースとなりました。
今まではムスコ自身で見て、練習して、身に付けて欲しくてほとんどライディングに関しては教えたりアドバイスしないようにしてきました。
この方法が間違っているとは思いませんが違う指導法も試したくなり、今後は少しライディングについて教えてみようと思いました。
どちらがイイかはわかりませんが、それなりにやる気もあるようなのでそのやる気を伸ばせるよう考えてみます。















2016/11/13 74Daijiroサウスシリーズ2016 第7戦(エーワンサーキット 福岡県)ムスコ編




通算21レース目。

1年とちょいぶりのエーワン。
エントリーリスト見る限りリザルトが既に見える。。。
ライバルとの戦いもですが自分との戦いでもあると思います。
1年ちょいでどんだけ成長したでしょうか?

●前日練習
この日のポケバイ走行は午前中のみ。
しかもミニバイクとの交代なので実質1.5時間のみの走行です。

この日のベストは43.3でした。
昨年のタイムからすると2秒以上速くなっているのですが、ライバルの成長スピードが半端じゃなく全く相手になることができない。

いくら走行時間が短いと言ってもねえ。。。
コースが難しいと何度も言っていました。


練習後は
ムスコと二人ですることもないので
ネカフェでマンガ読んだり、カラオケしたり、うたた寝したり。


夜になり定番の丸幸ラーメンセンター。

その後にアマンディ(温泉)に行き、急な参戦決定だったためホテルが取れなかったのでエーワン駐車場で車中泊。。。



車中泊だと朝早く目が覚めるよね?!天気良いです!

●レース当日
くじ引きは4番。


●予選レース
スタートいつもどおり×
スタート直後から最下位になりそのまま単独でゴール。
周回遅れになりました。

ベストラップ 43.715
4位(5台中)


●決勝レース
スタート今回も×
スタート直後から再最下位になりそのまま単独でゴール。
今回は周回遅れにはなりませんでした。
アベレージタイムが上がったのかな?

ベストラップ 43.503
5位(5台中)




やっぱりエーワン難しいです。
我が家からは遠いんですけど時々は練習に行きたいなと思いました。


午前中でレースが終わったので走り足りなかったのか?最下位が悔しかったのか?はわかりませんが昼からもバイクに乗りたいと練習を志願してきたので、そのままナチュラサーキットへ移動して17時まで練習しましたとさ。

おしまい。









2016/12/3.4 HRC GROM Cup グランドチャンピオンシップ 2016 に参戦してきました!(ツインリンクもてぎ東コース 栃木県)オヤジ編


ついについに!
HRC GROM Cup グランドチャンピオンシップ 2016 に参戦してきました!

12/2、日付が変わった深夜0時に自宅を出発。
最寄りのI.Cから高速道路に乗るといつも走っている中国道が事故による通行止め。。。
いきなり出鼻をくじかれるが、山陽道に迂回して東を目指す。

同日14時過ぎには宇都宮市内のホテルにチェックイン。
何度かもてぎには訪れたことがあるけれど、自宅→宇都宮間の最速タイムを叩き出してしまった、これで中国道の通行止めはチャラじゃね。


途中の長野道?山の上には雪が積もっています!
レジアスエースはノーマルタイヤなんですけど〜!




早速、駅前のお店で餃子&ビールで疲れを癒やす。
寝ずの長距離移動だったため19時には就寝zzz
と思ったらワクワクしすぎたか12/3の深夜0時過ぎに目が覚める。
その後も寝ようとするのですがどうにも眠れず、結局そのまま朝4時に身支度を整え朝5時前にはホテルを出発。

宇都宮市内からもてぎまでの道は慣れたもので問題なく6時前には到着。
でも南ゲートは初めてでちょっと迷いながら到着、ゲートをくぐり東ピットを目指すもまたまた迷子。。。
なんとか到着するとすでにピットにはたくさんのトランポ。
ネット上で見たことがある有名人がたくさんいる〜!

土曜日は快晴でした。

早速荷物を降ろして
奥様は受付に、オレはバイクの準備をして車検に。
どちらも問題なく終了。
車検はもっと厳しいかと思っていましたが思ったより簡単で全く問題なし。


バイクも寒がりです。

練習走行前にもてぎを初めて走行するライダーの為に車による2周の先導走行がありましたのでもちろん参加。
コースインするとMotoGPライダーが走っているコースを走れる嬉しさからヘルメットの中でニヤけてしまい、意味もなく叫んでしまいました!
2周はあっという間に終わりましたが、なんとなくコースはわかったぞ。



いってきまーす!

走行券

練習走行はGROMとNSF100クラス一緒です。

2周の先導走行からピットに戻ってくるとそのまますぐにNSF100クラスとGROMクラスの練習走行。
40分1本のみの走行なので、予定では途中20分で1度ピットインしフロントスプロケを交換し、2つのファイナルを試す予定。
まずは16-33でコースイン。
NSF100がとんでもない速さでコーナーに飛び込んでいきます、恐ろし〜。さすが全国大会!
オレはと言うと頑張ってコーナーに進入するも立ち上がりでアクセル開けるとコースのアウト側がたっぷり残っている(汗)。
進入スピードは遅いし、アクセル開けるのも遅いのがまるわかり。
流石に広いロードコース、速いグロムと絡むこと無く20分が経過、ピットインのサインが出たのでピットイン。
この時点でベストは2'09.1

時間がもったいないのでヘルメットかぶったまま工具握ってスプロケを交換しようとしますが手が震えてスムーズに作業が進みません。
なんてこと無いボルトの取付もなかなかハメられなかったり、いつもより少し時間かかりながらもなんとか交換しすぐにピットアウト。
フロントのみ交換して17-33に。

スプロケ交換後もほとんど速いグロムと絡むこと無くスリップを体感することもなく練習終了。
スプロケ交換後のタイムは2'08.1
ロングに振った分、130Rから先がなかなか加速せず進みませんがタイムはロングの方が良いので予選は17-33で行くことに。

NSF100にズバズバ抜かれただけで終わったような練習走行でしたが、自分はどれくらいの位置にいるのだろう???
初めてのグロムカップグラチャンなので全くわかりません。


予選コースイン。

予選コースイン。

●公式予選
どの位置からコースインするか悩んだけど
早めにコースインして後ろから来るであろう速いライダーに抜かれたらひたすらついていく作戦で行くことに。
これが大当たり。
うまいこと速いライダーが居る5〜6台のグループにもぐり混むことが出来、以外にもついて行ける!?
速いライダーはスリップ使って前に出たら1度下がって、またスリップを使って前に上がっていくような駆け引きを見せるのですがオレにはそんな余裕はありません。
少しでも気を抜くと置いて行かれそうなのでとりあえず必死で前についていきます。
なんとか集団の中にいるうちに予選終了。
楽しかった〜
集団で走ることによりライン、駆け引き他車の状態などが見れ収穫が多い予選でした。

予選順位 8位(18台中)
タイム  2'06.941

出来すぎな結果です。
集団でガチャガチャしてくれたら速いライダーについて行けることも分かったし、大満足。



マルク&ダニのマシン
予選後にはオイル交換。
決勝当日朝、雲があるものの晴れ。


決勝当日朝


準備オッケー!



グリッドでみんなと。

●12/4 決勝
車検も整備も前日に終わっているので朝は比較的のんびり。
しかし近づくレースを前に楽しみと緊張が半分半分。

先に行われるNSF100クラスがコースインすると、すぐにスタート前チェックに向かう。
スタート前チェック通過後ピット前にて待機、その間もタイヤウォーマーをかける。

いよいよグロムクラスコースイン。

グリッドに付くとみんなが迎えてくれて少し緊張がほぐれる。
選手紹介後、1周回って
いよいよスタート!
クラッチミート失敗〜!!!下手くそ〜。。。
1コーナーまでに3台抜かれてしまう。
1コーナー(90度コーナー)を11番で通過。
目の前の2台を抜く間に前の集団からはあっという間に離れてしまい、すでに終了〜という感じ。
その後は3台での8位争いが続き抜きつ抜かれつで前のグループに追いつくこと無くファイナルラップを迎える。
なんとか3台の争いでは前に出ることが出来ゴール。


順位  8位
タイム 2'09.102




安全第一!


安全第一!


3台のグループ


3台のグループ


タイヤ全く減りませんね。


●感想
スタートミスにより先頭集団に加われなくなり終了。。。
この一言につきます。
うまくすればもっと上位も狙えたかもしれないのに。。。

レース前の目標はコケずに完走。
あわよくば誰かとバトルできるとイイな。

しかし思ったよりも上位でゴールできたので、頑張ればもっと上も目指せるんじゃないかと欲も出てきてしまい来年も出たくなってしまいました。

初めて、たくさんのグロムと走ることが出来、しかもツインリンクもてぎを走行することが出来とても楽しいレースでした。

参加された皆さん、お手伝いいただいたみなさんありがとうございました!!!


レースの後はホンダレーシングサンクスデイをちょこっと見て回りました。

シビックですよね?
車のレースは疎いのでなんてカテゴリーのレースか知りませんがカッコいいです!

これF1マシンですよね?
アイルトン・セナの時代までしか知りません。


トライアルマシン体験。
これ面白い。


最後に道の駅もてぎでAさんオススメのおとめミルク食べながら帰りましたとさ!うまいっす!


おしまい!













2017/2/19 74プレシーズンイベントレース2017(HSR九州ドリームコース 熊本県) ムスコ編


Category


■Recommend brands■










About the owner

♯38 Kein


店長のシマダです。
私はNSRminiでナチュラサーキット(山口県)をホームに中国、九州地方のサーキットなどで走っています。
ミニバイクライダーによるミニバイクライダーの為のショップですので何でもお気軽にお尋ね下さい。
出来る限りご希望にお答えできるようがんばります!
サーキットで見かけた方はお気軽に話しかけてくださいね!

・メーカー&問屋様ミニバイクレース用パーツの売り込み大歓迎です!!!
当ウェブサイトにて取り扱わせていただきます。

Blog

Mobile

お支払いについて配送について

お支払い方法は、銀行振込、郵便振替、代金引換、現金書留がご利用いただけます。

・配送は佐川急便でお届けいたします。送料全国一律¥580(離島は除きます)

 時間指定もうけたまわります。

 指定できる時間帯は午前中・12時〜14時・14時〜16時・16時〜18時・18時〜21時です。


・商品によっては定形外郵便、レターパックにも対応しております(商品ページに発送可能の記載がある場合のみ対応可能)。

・送料が1番お安い方法にて発送するおまかせ発送もお選びいただけます。



営業時間帯についてプライバシーについて

ネットでのご注文は24時間受け付けております。

お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします(少人数で運営しておりますので営業時間内でも電話に出られない場合がございます)。

月〜金 9:00〜17:00

※土日祝祭日はお休みをいただきます。 メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。

当店が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。